――Life-WorK-NeXT!―→  
ここがおかしい日本社会 | ちょっと働く いっぱい遊ぶ
リンクは大歓迎です! 記事紹介とかしてくれたらスゴクうれしい!! こっちからもツイッターで宣伝します。

ここがおかしい日本社会一覧

イギリス人と日本人とではこれだけ働き方が違う!【労働環境・文化の違い】

日本は世界でも労働時間が長く、仕事でストレスを抱えている人も多いと言われています。 筆者の暮らしているイギリスでは、日本とは違った働き方、労働観があり、仕事をする環境がずいぶん違っているように思います。 今回の記事では、日本と比...

記事を読む

我々が働く本当の理由は、お金のためではないのかもしれない

あなたは何のために働いていますか。こういった問いかけをすると、おそらくたいていこう返ってくるはずだ。 「飯を食うために働いているんだよ」と。 ――しかしながら、本当にそうだろうか? いや、もちろん飯を食うためと...

記事を読む

「異動・転勤辞令(実質強制)で、住む場所の自由すらない企業で一生働きたいか?

転勤・異動「辞令」。……という名目の、「命令」。断ればクビか、左遷か、それかもう今後その会社での明るい未来はないか。 そういった天秤にかけられ、ほぼ強制で転勤せざるをえない状態を作り出している奴隷商人のような企業が、この日本には数多く...

記事を読む

たとえ人を殺しても、過労死であれば罪が軽くなるこの社会は狂ってる

少し前に、電通社員の過労死自殺が話題を呼んだ。 同じく過労死を引き起こした大手企業であれば、ワタミの社員が入社2カ月を経たずして自殺したことも衝撃的なニュースだっただろう。 さて、過労で死んでしまうほど過酷な労働環境がおかしいと...

記事を読む

辛い時やしんどい時には休んでもいい? 違う、苦しくなる前に休め。

――つらいときには、休んでもいいんだよ。 この言葉は一見、相手を思いやっている言葉のように聞こえるが、事実はそうではない。裏を返せば、つらいとき以外は休むなよと言ってるのと同義だからだ。 人間の身体の性質上、つらくなくて...

記事を読む

労働基準局はこれ以上取り締まりを強化しなくていい

ブラック企業が世に蔓延り、もはや法律違反をしていない企業の方がレアであると言わざるを得ない腐りきったこの社会。 そんな世の中では、当然としてそれを取り締まる機関である労働基準局は、我々庶民から「いったいなにをしているのか、仕事をしてい...

記事を読む

学校の先輩ってなんであんなに偉そうなの?

皆さんは思ったことありません? 学校の先輩って、なんであんなに偉そうなの? って。 これが会社の先輩とかならまだわかりますよ。 会社は営利団体ですから、利益を上げてる人間が偉そうにするのはまあわかります。まああんま...

記事を読む

国はそろそろ有効求人倍率とかいう見てくれだけの数字を追うのはよせ

政府はとかく有効求人倍率がこれだけ上昇し、職にありつける国民が増えている~といった主張をしたがるが、その前にまずブラック企業の根絶を優先すべきではないだろうか。 そもそもからして、法的に存在してはいけない企業の求人が増えたところで、い...

記事を読む

学校の授業ではプログラミングなんかよりも労働基準法を教えるべき

これからはITの時代だから、学校教育でプログラミングを教えるべきだ、といった論調がしばしば見られる。そのことの是非について今回は言及しない。私が今回主張したいのは、国語や数学やプログラミングよりも、労働基準法の科目を学校教育に取り入れた...

記事を読む

退社前に「お手伝いすることはありませんか?」なんて訊かなくて良い

これは別に、ブラックな働き方を推奨しているクソ野郎だけに限った話しではない。 ヤフー知恵袋などを見ていると、定時に帰ることを推奨している人間ですら、「何かお手伝いすることはありませんか?」と聞いて、もしなければ定時で帰っても問題ないという...

記事を読む

年賀状はうざいしいらない。「返信しない勇気」をみんなで持とう。

同調圧力ってマジで糞だと思いません? たとえば、 「みんな残業してるのに君だけ定時で帰るの?」とか、 「(飲み会にて)とりあえず人数分の生!」とか、 「えっ、有給取るの? みんな忙しそうにしてるよ?」とか、 「とにかく先輩だか...

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク