――Life-WorK-NeXT!―→  
極限まで集中力を削がないポモドーロ・タイマーを公開しました | ちょっと働く いっぱい遊ぶ
リンクは大歓迎です!

購読する

極限まで集中力を削がないポモドーロ・タイマーを公開しました

購読する

☆リンク・シェア・はてブ大歓迎☆

先日の『なぎにゃぎのにょきにょきにっき』さんの記事、『ポモドーロ・テクニックを使って仕事をしたらすごーい集中して作業ができたんだよ』が、記事を公開されてからたったの2日で250はてブを超える超人気記事となった。

ポモドーロ・テクニックとは、簡単に言うと集中方法の一つであり、25分間の集中時間と5分間の休憩を繰り返すことで作業効率を上げられるテクニックのこと。

詳しいことは『ポモドーロ・テクニックを使って仕事をしたらすごーい集中して作業ができたんだよ』を読むと良いだろう。

今回私がこの記事を書いているのは、そのポモドーロ・テクニックを実践するにあたって便利なソフトウェアを作成したからである。

ちなみに無料なので安心したまえ!
(Windows用ソフトになります)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シンプルすぎるポモドーロ・タイマー『Smart Pomo Timer』

先にも述べたように、ポモドーロ・テクニックとは集中するためのテクニックである。よって、ポモドーロ・タイマーを作成するにあたって一番重視しなければならないのは、使用者の極限まで集中力を削がないことである。

ところがだ!

スマートフォンのタイマーアプリやキッチンタイマーを使って実践しようとすると、いちいち25分・5分の経過の度にポチポチタイマーを入力しなければならない。

ここで集中力ややる気が大きく削がれてしまう。

また、ポモドーロ・テクニック専用のアプリをみても、無駄にごちゃごちゃ機能を詰め込んだせいで「すぐ使える」「かんたんに使える」ことができなくなってしまっている本末転倒なものが圧倒的に多い。ぶっちゃけアホかなと思う。

それはさておき、集中力を高めるためのものが集中を削いでしまうような設計ではいけない。よって今回、極限まで集中できるポモドーロ・タイマー『Smart PomoTimer』を作成した。

立ち上げたその瞬間から使える

具体的に、どう極限まで集中できるのか。それは立ち上げたその瞬間から使える設計にしたことだ。

この手のタイマーは、基本的にかなりシンプルなものでも、

1.ソフトを立ち上げる

2.タイマーを動かす(スタートボタンをクリックする)

の2動作が必要である。
さらに無駄にごちゃごちゃしたようなものであれば、1と2の間に『タイマーを設定する』ような動作までやらされる。いちいちめんどくさいわ!

ところが、『Smart PomoTimer』であれば1アクションですべてが解決する。2動作すら遅いわ。

繰り返すが、集中力を極限まで削がないことを第一設計としてあるからだ。

タネは自体は簡単で、(しかし意外と盲点な部分で、)この手のソフトは立ち上げるとき≒ソフトを使うときなのだ。

よって、タイマーを動かすためのボタンって実際のところ要らないんだよね。

意外とそんな単純なことにみんな気づいておらず、ユーザビリティを悪くしてしまってるソフトが多く見受けられた。ってかそういうのしかなかった。

邪魔にならない。かつ見やすい

これもまたアホみたいな設計されたソフトにありがちなことなんだけれど、画面が無駄に大きくて気が散るような設計になってるものが多い。

いやいや、それなんのためのソフトですかと。

集中させるためのソフトが集中力削いでたらだめでしょうよ。というわけで、『Smart PomoTimer』では思いっきし画面を小さくした。

一方で、小さすぎて残り時間が見づらくなっても困るので、そこはちゃんと見やすいサイズにしてある。百聞は一見にしかず。

↑これが全画面だ。

時間は見やすく、場所は取らない。余計なボタンも一切ない。
すべては、集中力を極限まで削がないための設計である。モチロン変な広告もない(笑)。

ご自由にダウンロードどうぞ

Smart PomoTimer

ここにソフトをアップしておいたので、ほしい方はご自由にダウンロードをどうぞ。もちろんフリーウェアです。Windows用。

もはや使い方の説明すら要らないほどシンプルな設計となっているので、readmeファイルすら同梱していない。

一応簡単に仕様を書いておくと、立ち上げたら即タイマーが起動して、25分が経過したらメッセージのポップアップが出る。その確認をしたら5分間の休憩カウントダウンに入る、を繰り返すのみだ。

ただし作業→休憩の1クールを4回行うと、次からは30分以上の休憩が促される。

(元々ポモドーロ・テクニックでも、作業を4クールほど繰り返したら30分以上の休息が必要とされている)

そこで長時間の休憩を取る選択をすると、ソフトが終了することとなっている。まだ作業を続けたければNOを選択だ。

その他の機能について

また、画面上を右クリックすると『常に最前面にする』メニューと『作業中のインターネット接続を許可する』メニューが現れる。

デフォルトではONになっているが、このチェックを外すとそれぞれ最前面にしないようにできたり、インターネット接続を抑制できるので活用すると良いだろう。

以上だ。

ダウンロードは↓
Smart PomoTimer


スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓☆リンク・シェア・はてブ大歓迎☆↓

購読する

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク