――Life-WorK-NeXT!―→  
あなたは人生の目標を達成できるか? 確認の目安と成功への導き方 | ちょっと働く いっぱい遊ぶ
リンクは大歓迎です! 記事紹介とかしてくれたらスゴクうれしい!! こっちからもツイッターで宣伝します。

購読する

あなたは人生の目標を達成できるか? 確認の目安と成功への導き方

購読する

☆リンク・シェア・はてブ大歓迎☆

――自分の望む人生の、正しい道を歩けているか?

こう問われるとおそらくたいていの人がこう答えるのではないか。

「わからない」と。

だって、人生における正しい道なんてわかりようがないし、きっと人それぞれ違うものだし、そもそも存在すらしないかもしれない。

だが、こう問うとどうだろう。

「今のような生活をあと10年続けたとき、10年後の自分は今の自分が望まない姿になってはいないか?」

するとおそらく、この二つの回答が大きく占めることだろう。

「そんなこと、考えたこともなかったし10年後のビジョンだって特に考えてない」

そして、

「かもしれない(もしくは「だと思う」など、断定はしないものの肯定の返事)」

この二つのうちいずれの回答をした場合も要注意だ。

なぜなら片方は今をただ漠然と生きており、取り返しのつかない未来になってから後悔するタイプで、

もう片方は自覚がある分まだマシだが、早めに方向転換しておかないと結果前者と同じになる。

気づいていても動かなきゃなにも変わらない。

むしろ有望なのは、「うん、今のままじゃだめだね!」とはっきり自覚している人。こっちはかなり見込みがある。

――そんなこと言われたって、どうすればいいかわからないし、できるかもわからない。

「なんか手打たないの?」と聞くと、このように返ってくるだろうか。
(というか、この記事書くために何人かにアンケート採った)

10年後、今の自分が望まない姿になってしまわないために、どうすればいいか。
今からできることはなにか。

さあ、本題だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

10年後、後悔しないために今から打てる手段を考えよう

今を変える

10年後の予想図は、基本的に今の自分の姿から導き出される。

これは見た目も同じことで、その人の十年後の顔はやっぱり今の顔を参考に想像されるだろう。えなりかずきの十年後の顔はちょっと老けたえなりかずきであって、間違っても佐々木希になるようなことはない。何の話しだ、これは。

えー、つまり10年後の予想図がダメと言うことは、未来の姿の元となっている今がダメということである。
よって、まず今のライフスタイルを変える必要がある。

「おいおい、簡単に言ってくれるなぁ」って? 簡単だよ。「今」、変えるのは。

10年経ってしまったら、難しいどころかもうどうしようもないからな。

今をどう変えよう?

実は、どう変えるかについてはそれほど難しくはない。

と言うのも、ほとんどの人が躓いているのは「ただ漠然と今を過ごしてしまっている」ことに気づくか気づけないかのところである。

気づいてさえしまえば、そこから先は割と簡単だ。「今」を辞めて、別の「今」に取り替えるだけのこと。

さて、じゃあなにが未来に対するネックになっているんだろう?

「すてきな出会いがない」?
「お金・お金・そしてお金」?
「ストレスがヤバイ」?
「実は余命宣告されていて……」?
あっ、それはちょっとむりかもしんない

出会いがないのなら、まず今の状態での出会いの場が主にどこなのかを洗い出してみよう。
そこを変えていかないと、たぶんずっとそのままだ。もちろん、「変える」ではなく「増やす」方法もあるが、私はあまりおすすめしない。

限られた時間の中で上げる成果効率を良くしないと、疲れるだけだよ。疲れたら余計に効率悪くなるしね。

お金の問題だってそう。今の状態でお金に困っているのなら、今の収入を得ている方法それ自体を見直さないと。(もしくは支出が大きいのかもしれない)

一般的に一番多いであろうサラリーマンを仮定して述べるけども、彼らが転職に尻込みする理由って、「転職したらもっと収入が下がるかもしれない」ことだろう。

でも、それはあるかどうかわからない「もしかしたら」の話しで、その逆に少なくとも今のままだとお金が足りてないのは今そこにある事実だ。

ちなみにこれを書いてる2017年2月中旬時点では、企業の人手不足が叫ばれており、全国で有効求人倍率が1倍を越える超・売り手市場である。転職するなら本気で今がチャンス。今はどこも人がほしい状態だからね。

つっても、心配になる気持ちもわかる。たとえもしかしたらの話しでも、今より収入が下がるのはそりゃ嫌だろう。

だからそういったリスクを減らす為に、自分の経歴の適正年収を調べてみてはどうだろうか。今が適正よりも下であるならば、転職することで収入が上がる確率の方がずっと高いということがわかる。



↑ここから、あなたの経歴や持っているスキルに応じた本来もらえるべき年収を測定できる。
5分とかからず測定可能で、また無料なので、とりあえず自分が今もらっている給料が妥当なのかそうでないのかは知っておきたい。

恋愛にしろ、お金にしろ、ストレスにしろ、現状いまいちうまくいっていないのならば、そのうまくいっていないやり方を続けていたってだめだ。

今を変えるのがめんどくさい、と思うのならばそれでも別にかまわない。

放っておいてもいずれ時間がすべて解決してくれるだろう。――ただし取り返しのつかない方法で。

今から10年後。
自分の望まない姿に、なってしまわないように。

今からなにか、手を打っておきませんか?


適正年収を無料で調べてみる? →MIIDAS(ミーダス)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓☆リンク・シェア・はてブ大歓迎☆↓

購読する

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク