僕らの世代の、生き方で。――Life-WorK-NeXT!―→  
今年の目標、もう立てた? 人生の大掃除をして、目標を明確にしよう | ちょっと働く いっぱい遊ぶ
リンクは大歓迎です!

購読する

今年の目標、もう立てた? 人生の大掃除をして、目標を明確にしよう

購読する

☆リンク・シェア・はてブ大歓迎☆

今回のキーワードは「人生の大掃除」だ。
年末に家の大掃除をする家庭は少なくない。普段の掃除では落としきれない、一年のうちに溜まった汚れをきれいにする目的でこの大掃除がされるはず。しかしながら、“汚れ”が溜まっていくのは何も家だけではないのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

溜まってゆく人生の汚れ

たとえば、

「去年よりちょっと太った」
「やっぱり、今の仕事は自分には合わないと思った」
「学校を卒業してから、仲の良かったAちゃんと会う機会がめっきり減った」
「近所に気になるお店が出来てたけど、結局行かないまま年が明けた」
「そろそろ買い換えよう買い換えようと思いながらも、でもまだ使えるし……とだましだまし使っている道具がある」
「そういやぁさ、実家のお袋とオヤジ、今どうしてっかなぁ……」
「予定では今年までには貯金500万くらい貯まってたはずなんだけどなぁ……」
「俺さ、学生時代の夢は起業家だったんだ。……軍資金集めるのにとりあえずサラリーマンしてて、気づいたらもうこの歳だよ。笑っちゃうよな」
「働いてるときは休日が待ち遠しいのに、いざ休日となると何をしたら良いかわからなくて結局何もしないまま、……さあ明日からまた仕事だ」

いろいろ挙げたけれど、いずれもあなたの人生に溜まった“汚れ”だと言えるだろう。中には達成の難しそうなのもあるにはあるが、行動を起こしてみてそれでやっぱりむりだったっていうのと、やろうやろうと思ったまま結局やらないでむりだったものとでは、あとに残るすがすがしさが全然違うよね。

おそらく気分的には、やってみてそれでもむりだったものは“汚れ”にはならないんじゃないかな。立派な勲章だよ。

人生の大掃除をしよう

今年こそ、そんな汚れを払ってすっきりするために、休みの間に人生の大掃除をしてみてはどうだろう。つまり、今抱えている悩みをすべて洗い出して(二つの意味で)、それを解決するための目標を定める。

「今年こそ、7キロ痩せるぞ!」とか、「前々からやってみたかったブログ、始めよう」とか、なんでもいい。
目標を明確に定めるからこそ、達成できるのだ。いやむしろ、今まで目標を定めないでなんとなくやってみたいなぁ……くらいの気持ちだったからこそ、昨年はそれができなかったんだ。

目には見えない汚れが、人生の居心地を悪くする

自分の人生を改めて振り返ってみる機会って意外とないよね。だって、お部屋の汚れと違って、人生の汚れは目には見えないんだ。
見えないから、「なんとなく散らかってるな」とは感じられても、それが本当はどれだけ汚れているかを私たちは忙しすぎる日常の中で理解することは叶わない。

けれど家が散らかってることよりも、自分の人生が散らかってる方がよっぽど住み心地がわるいはずだよね。心にもやもやが溜まったままじゃ落ち着かないし、ストレスの原因にだってなる。そうすると、溜まった汚れはこべりついて、いつしか「不幸」になるんだ。

「ああしたかったのに、できなかった。できないまま、歳を食ってしまった」
「自分のやりたいことに気づけないまま、ただ忙しさにおぼれてしまっていた」
「気がつけば、働いて食って寝てまた働いて――を繰り返すだけの人生だった」

ふだんはなんてことのない小さな汚れが、いつのまにか取り返しのつかない大きな不幸に変わってしまう。もっと若いうちから掃除をしていれば、すぐにきれいになったのにも関わらず、だ。

そうなってしまわないように、あなたも年始のお休みを利用して、問題の棚卸しと人生の大掃除をしてみてはどうだろうか。

きれいな人生を、過ごせるように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓☆リンク・シェア・はてブ大歓迎☆↓

購読する

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク